fc2ブログ
読了📖 行動することが生きることである 著: 宇野千代
人生は凡てのことに、のぼせなければならない、と思っているのである。……何事かをするのに、あとさき考えてからすると、どうも勢いがなくなる。のぼせていると、何事をするのにも、することに勢いがつく。そこで初めて、行動することが生きることになる。90歳を優に過ぎた著者が経験から贈る、生き方についての343の知恵。


📙 おもしろいそうなので読んだら
なるほどー 行動してみようー
知恵を持らった感じ……
スポンサーサイト



【2024/03/03 19:57】 | 読 書 | トラックバック(0) | コメント(0)
読了📖 美しい時間 著:小池真理子.村上龍
人生の味わいと愛の深奥を描く「冬の花火」。
大人の切なくもひたむきな恋心を
描く「時の銀河」。
大人の男女を描く2つの珠玉の短篇


📙 読み終えて 爽やかな気分になりました。
美しい時間を得た充実感でしょうか…
いつまでもこの余韻に浸りたいです♪

【2024/02/23 15:02】 | 読 書 | トラックバック(0) | コメント(0)
読了📖 禁断の魔術   著   東野 圭吾 
高校の物理研究会で湯川の後輩にあたる古芝伸吾は、育ての親だった姉が亡くなって帝都大を中退し町工場で働いてた。ある日、フリーライターが殺された。彼は代議士の大賀を追っており、また大賀の担当の新聞記者が伸吾の姉だったことが判明する。伸吾が失踪し、湯川は伸吾のある〝企み〟に気づくが……。シリーズ最高傑作!


📙 作家ファン!
内容がいい! また読みたくなりました。
【2024/02/11 12:54】 | 読 書 | トラックバック(0) | コメント(0)
読了📖おもかげ 著: 浅田次郎
「忘れなければ、生きていけなかった」

浅田文学の新たなる傑作、誕生――。
定年の日に倒れた男の〈幸福〉とは。
心揺さぶる、愛と真実の物語。


商社マンとして定年を迎えた竹脇正一は、送別会の帰りに地下鉄の車内で倒れ、集中治療室に運びこまれた。
今や社長となった同期の嘆き、妻や娘婿の心配、幼なじみらの思いをよそに、竹脇の意識は戻らない。
一方で、竹脇本人はベッドに横たわる自分の体を横目に、奇妙な体験を重ねていた。
やがて、自らの過去を彷徨う竹脇の目に映ったものは――。


「同じ教室に、同じアルバイトの中に、同じ職場に、同じ地下鉄で通勤していた人の中に、彼はいたのだと思う」(浅田次郎)


📘 終活中………  複雑な心境で読了。
【2024/01/27 16:13】 | 読 書 | トラックバック(0) | コメント(0)
読了📖 三千円の使いかた 著: 原田ひ香
🔹垣谷美雨さん 絶賛! 「この本は死ぬまで本棚の片隅に置いておき、自分を見失うたびに再び手に取る。そういった価値のある本です」 

📒 就職して理想の一人暮らしをはじめた美帆(貯金三十万)。結婚前は証券会社勤務だった姉・真帆(貯金六百万)。習い事に熱心で向上心の高い母・智子(貯金百万弱)。そして一千万円を貯めた祖母・琴子。御厨家の女性たちは人生の節目とピンチを乗り越えるため、お金をどう貯めて、どう使うのか? 



🔸知識が深まり、絶対「元」もとれちゃう「節約」家族小説!



👤金銭感覚はいろいろ………
【2024/01/16 21:18】 | 読 書 | トラックバック(0) | コメント(0)
徒然なるままに。


               

プロフィール

未知の子(みちのこ)

Author:未知の子(みちのこ)
FC2ブログへようこそ!

**ランキング**

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

良かったらクリックしてね♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
**リンクフリーです。お気軽に**