3 ・ 11 震災 を 風化させないよう・・ 






3 ・11 震災 を 風化させないよう・・   この町で を


来年の 2月15日 イベントに むけて  どらごえ 混成合唱団 と


町民有志合唱団 の練習を しました。    






「 この町で 」 を 歌うと・・・  あの日を 思い出します(悲)









スポンサーサイト
【2016/12/18 14:40】 | ピアノ ・ 筝 ・ 音楽 ♪ | トラックバック(0) | コメント(0)
ロ ビー コンサート




                      5月29日(日) 午後 1時30分 ~ 3時
                      山元町勤労青少年ホーム ロビーで
 
                   どらごえ混成合唱団「 3 11 有志合奏団」 
                      コンサート を 開催 しました。



「311 有志」は、2011年に亘理郡内で 支援物資配布で
知り合った首都圏の方たちの組織でその中のメンバーで 

2012年に 合唱伴奏バンド 「 有志合奏団 」 が 結成され
楽器の編成が ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス… !!!

以来 福島、相馬、気仙沼、石巻、女川の 仮設住宅 で 
合唱イベントを 実施 して きたそうです。





今日のコンサートは、いつまでも 311 震災 を 風化させないよう・・

 「 3 11 有志合奏団 」 に あわせて この町で を

どらごえ 混成合唱団の声が 響きわたったでしょう
  






【2016/05/29 19:57】 | ピアノ ・ 筝 ・ 音楽 ♪ | トラックバック(0) | コメント(0)
合唱練習曲

                         ヒロシマの有る国でクリック 
                         【作詞 ・ 作曲】 山本さとし


1.八月の青空に 今もこだまするのは

  若き詩人の叫び 遠き被爆者の声

  あなたに感じますか 手のひらの温もりが

  人の悔し涙が 生き続ける苦しみが

  わたしの国とかの国の 人の生命(いのち)は同じ

  このあおい大地のうえに同じ生を得たのに

  ※ ヒロシマの有る国で 
    しなければならないことは
    ともるいくさの火種を 消すことだろう





この歌について・・・ 広島旅行で 語り部、平和 記念資料館の見聞 を思いだし
            歌うたびに 歌詞が 感 動 的、奥 深 い曲です (みちのこ) 

            
...続きを読む
【2016/05/17 23:07】 | ピアノ ・ 筝 ・ 音楽 ♪ | トラックバック(0) | コメント(0)
S O S の記念日

                            【 タイタニック号の日


 イギリスを出発し、ニューヨークを目指して航行していた イギリスの豪華客船

「 タイタニック号 」 が、1912(明治45)年のこの日、ニューファンドランド島の

沖で氷山と衝突し沈没しました。


2000人を超える乗客・乗組員のうち約1500人が犠牲になりました。


 このときに タイタニック号から 発せられた S O S 信号 が世界で初めての

S O S 信号と いわれています。



           タイタ ニック テーマソング ← クリック



...続きを読む
【2016/04/14 09:10】 | ピアノ ・ 筝 ・ 音楽 ♪ | トラックバック(0) | コメント(0)
ただ今、合唱 練習曲 ♪♪

 


アメイジング・グレース
何と美しい響きであろうか

私のような者までも救ってくださる

道を踏み外しさまよっていた私を

神は救い上げてくださり

今まで見えなかった神の恵みを

今は見出すことができる




      アメイジンググレイス クリック



 この歌の作者はジョン・ニュートン。1725年生まれ。英国 国教会の牧師
曲はアイルランド民謡から採られたようだ。イギリスの白人がつくった歌が
なぜアメリカの黒人たちに歌いつがれるようになったか
それはニュートンの経歴に関連している ↓

...続きを読む
【2016/03/10 08:45】 | ピアノ ・ 筝 ・ 音楽 ♪ | トラックバック(0) | コメント(2)
徒然なるままに。


               

プロフィール

Author:みちのこ
FC2ブログへようこそ!

**ランキング**

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

良かったらクリックしてね♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
**リンクフリーです。お気軽に**