スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
東西南北、四方の空に向かって・・


                           『心に響いた 珠玉のことば著:小林正観
                                          


      天皇のことば 

   私の体を通してからにしてください





 1月1日、早く起きた天皇は 東西南北、四方の空に向かって

こう言うと いうのです。


「 もし今年、日本に災いが 降ってくるのであれば、まず 私の体を

とおしてからに してください 」



これを、四方拝 というそうです。



 2011年、3月11日。東日本大震災が起きました。

東北の海沿えのところは 大津波に 襲われ、たくさんの方が亡くなり、
家々も 流されました。

 天皇は この方たちを 見舞いに 行かれて、膝を ついて、
「 本当に 大変で したね 」 と 声を かけました。

 天皇は単に 慰めに 行ったのではない。励ましに行ったのではない。
恐らく申し訳なさというものを感じながら、お見舞いに行かれたのだと思います。

 人間の魂は ここまで 崇高なものに なることができるのか、と、
本当に 魂が震えるようで した。
                                      (本中・・・ 一部抜粋)





四方拝(しほうはい)とは、宮中で行われる一年最初の儀式。
戦前には四方節とよばれていた。 皇室令が廃止された戦後においても、
皇室の私的な行事とされる以外は旧皇室令に準拠して行われている。

 元日の午前5時30分に、今上天皇が黄櫨染御袍と呼ばれる束帯を着用し、
皇居の宮中三殿の西側にある神嘉殿の南側の庭に設けられた建物の中に入り、
伊勢の神宮の皇大神宮・豊受大神宮の両宮に向かって拝礼した後、
続いて四方の諸神を拝する。





                          長文、読んでいたたき ありがとうございました
スポンサーサイト
【2014/10/16 21:20】 | 読 書 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<自然現象からの目覚まし ! | ホーム | 心のコントロール>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitinoko.blog86.fc2.com/tb.php/3274-2835c003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
徒然なるままに。


               

プロフィール

みちのこ

Author:みちのこ
FC2ブログへようこそ!

**ランキング**

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

良かったらクリックしてね♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
**リンクフリーです。お気軽に**

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。