ワライタケの話



 民話にも出てくる ワライタケ というのがあります。

それを食べたら笑いが起こってくるというキノコの一種で

私は長年の間、作り話であると思っていました。
            ( 関西大学教授/日本笑い学会・会長 井上 宏 )



 ところが、ある日、大学の同僚である木村洋二氏が、ワライタケを

実際に食べてみたというのです。



「 笑いが 強烈に こみあげてきて、止まらないんです。止めよう

止めようと思って、やっと静まってきたなと思って、外に出て、お月さんを

見ると、それでまた笑えてくるんです。あんな苦しいことはなかったですよ」

                                     (本中/一部抜粋)





この本 ・ 記事を 読んで ネット検索 → ワライタケを食べた人→ クリック

       【 ワライタケは ヒトヨタケ科 ヒカゲタケ属の 毒キノコ 】

         みなさま 食べないでください !


   『笑いが心を癒し、病気を治すということ』  井上 宏 (著)

 私たちの体がつくり出す 「 笑いというクスリ 」 が、免疫力を高め
さらに自己治癒力を強めて病気を治してくれることは
医学的にも認められ、ますます注目されている。

 また、笑いには、 「 親和作用 」 「 誘因作用 」 「 浄化作用 」 「 解放作用 」
などがあり、対人関係を滑らかにし、社会の毒素を浄化する大きな力がある。

 日本笑い学会・会長である著者は、何かと不景気風が吹き
閉塞感が漂う今こそ笑いの力を見直すべきであると語る。





                       今日も、おつきあい ありがとうございます
スポンサーサイト
【2014/11/27 06:37】 | 読 書 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<「この町で」を歌う合唱団 お疲れさまです。 | ホーム | 雪ん子 虫>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitinoko.blog86.fc2.com/tb.php/3317-1dab9cb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
徒然なるままに。


               

プロフィール

みちのこ

Author:みちのこ
FC2ブログへようこそ!

**ランキング**

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

良かったらクリックしてね♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
**リンクフリーです。お気軽に**