スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
人間は古くなっていくのがいいんだ・・・






冬過ぎて春し来(きた)れば年月(としつき)は新たなれども人は古(ふ)りゆく

                    (万葉集 ・ 巻第十 1884 作者未詳歌)

                    ≪意味≫  冬が過ぎて春がやってくると
                    年月は新しくなるけれども、人は古くなっていく。




物(もの)皆(みな)は新たしきよしただしくも人は古(ふ)りにしよろしかるべし
                       
(万葉集 ・ 巻第十 1885 作者未詳歌)

≪意味≫  物というものはみな新しいものがよいが
        人は古くなるのがよろしかろうぞ。




    ≪説明≫
     1884では、年は新しくなっても人間は古くなっていきますね、と歌い

     1885では、いやいや物のほうは新しいのがよいが・・・
            人間は古くなっていくのがいいんだ、と否定している。





 

スポンサーサイト
【2016/01/29 17:35】 | 徒然俳句・川柳・和歌 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<住民の輪 ♪ | ホーム | 『乳がん』 セルフチェック ・・・ 石ころをさがすかんじ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitinoko.blog86.fc2.com/tb.php/3772-42acf0ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
徒然なるままに。


               

プロフィール

みちのこ

Author:みちのこ
FC2ブログへようこそ!

**ランキング**

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

良かったらクリックしてね♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
**リンクフリーです。お気軽に**

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。