スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
相手を 思いやる一言が生涯、忘れられない感動を 与えることがあります
     



    先日、読んだ本に 感動 (涙;) しました。


      思いやる 心・・・ 「 お子 様 ランチ 」


   新聞等にも 載った話で ご存知の方もいるのでは・・・   一部抜粋 



 ある日、東京ディズニーランドに若い夫婦が訪れ、レストランで 「 お子様ランチ 」
を 注文しました。 応対したアルバイト青年は戸惑いました。


 この夫婦は、子供を連れていないのです。マニアルでは お断りすることになって
います。「 おそれいれますが、大人の方には・・・ 」 と言おうとしましたが、思いとど
まって 「 失礼ですが、お子様ランチは、どなたが食べられるのですか? 」 と尋ねて
みました。


      すると、奥さんが、うつむいたまま話し始めたのです。

    「 死んだ子供のために注文したくて・・・ 」   「 ・・・・・ 」



「 私たち夫婦には、なかなか子供が授かりませんでした。ずっと願い続け、やっと
娘が生まれましたが、体が弱く、1歳の誕生日を 待たずに亡くなってしまいました。
今日、その子の命日なのです。」



    「 そうだったのですか・・・ 」


「 子供が大きくなったら、親子3人で ディズニーランドへ行こうと、楽しみにしてまし
たが、一周忌の今日、せめて、私たちの心の中に生きている娘をディズニーランドへ
連れて行ってやりたいと 思ったのです。 本当に 娘が 生きていたら、ここで一緒に
お子様ランチを 食べたんだな、と思うと、つい注文 したくなって・・・ 」



 アルバイトの青年は 笑顔に戻ってました。

「 お子様ランチのご注文を承りました。ご家族の皆様、どうぞ、こちらへ 」 と言って
 この夫婦に 二人用のテーブルから 四人がけの家族テーブルへ 移動してもらい
 子供用のイスまで 持ってきたのです。「 では、お子様はこちらに 」 まるで子供が
 生きているかのように 小さなイスへ 導きました。

「 ご家族で ゆっくり お楽しみください 」 アルバイトの青年は笑顔で去っていきました。



 この心遣いに感動した夫婦は 「 お子様ランチを食べながら涙が止まりません

 でした。 まるで 娘が生きているように、家族団欒を 味わいました・・・・・ 」

 
  と 帰宅してから お礼の手紙を 書いたそうです 




                                                                                        
                      最後まで 読んでいただきまして ありがとうございました
  
スポンサーサイト
【2016/02/09 10:37】 | 読 書 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<春めいた感 じ! | ホーム | おみやげ ♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitinoko.blog86.fc2.com/tb.php/3785-d5d1bd26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
徒然なるままに。


               

プロフィール

みちのこ

Author:みちのこ
FC2ブログへようこそ!

**ランキング**

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

良かったらクリックしてね♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
**リンクフリーです。お気軽に**

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。