ただ今、合唱 練習曲 ♪♪

 


アメイジング・グレース
何と美しい響きであろうか

私のような者までも救ってくださる

道を踏み外しさまよっていた私を

神は救い上げてくださり

今まで見えなかった神の恵みを

今は見出すことができる




      アメイジンググレイス クリック



 この歌の作者はジョン・ニュートン。1725年生まれ。英国 国教会の牧師
曲はアイルランド民謡から採られたようだ。イギリスの白人がつくった歌が
なぜアメリカの黒人たちに歌いつがれるようになったか
それはニュートンの経歴に関連している ↓


作曲者ジョン ・ニュートンは「奴隷貿易」に手を染め巨万の富を得る

 ジョン ・ ニュートンは 1725年、イギリスに生まれた。
母親は 幼いジョンに 聖書を 読んで 聞かせるなど 敬虔なクリスチャンだったが
ジョンが7歳の時に亡くなった。成長したジョンは、商船の指揮官であった父に付いて
船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる
「奴隷貿易」に手を染め巨万の富を得るようになった。

当時奴隷として拉致された黒人への扱いは家畜以下であり、輸送に用いられる
船内の衛生環境は劣悪であった。このため多くの者が輸送先に到着する前に
感染症や脱水症状、栄養失調などの原因で死亡したといわれる。


22歳の転機

ジョンもまたこのような扱いを拉致してきた黒人に対して当然のように行っていたが
1748年5月10日、彼が22歳の時に転機はやってきた。
船長として任された船が嵐に遭い、非常に危険な状態に陥ったのである。
今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈った。
敬虔なクリスチャンの母を持ちながら、彼が心の底から神に祈ったのはこの時が
初めてだったという。すると船は奇跡的に嵐を脱し、難を逃れたのである。
彼はこの日をみずからの第二の誕生日と決めた。その後の6年間も、ジョンは奴隷を
運び続けた。しかし彼の船に乗った奴隷への待遇は、動物以下の扱いでは
あったものの、当時の奴隷商としては飛躍的に改善された。


勉学と多額の寄付を重ねて牧師となる

1755年、ジョンは病気を理由に船を降り、勉学と多額の寄付を重ねて牧師となった。
そして1772年、 アメイジング・グレイス が生まれたのである。
この曲には、黒人奴隷貿易に関わったことに対する深い悔恨と、それにも関わらず
赦しを与えた神の愛に対する感謝が込められているといわれている。






                       長文、ご覧 いただき ありがとうございます 
スポンサーサイト
【2016/03/10 08:45】 | ピアノ ・ 筝 ・ 音楽 ♪ | トラックバック(0) | コメント(2)
<<東日本大震災から5年・・・ 「希望」の灯籠  | ホーム | 【今日は3月9日】 サンキュウ・・・ ありがとう ♪>>
コメント
あれから今日で5年ですね。
まだ行方不明の方が2563人も
少しでも手がかりが見つかればと願うばかりです。
一日でも早く復興しますように。

21年たった阪神淡路大震災
5年目ってどうしていたのか・・、思い出されません。
発生時の事は一生忘れませんが・・・
過ぎたことより未来を見つめて進んで行ってくださいね。
【2016/03/11 15:33】 URL | hotter #-[ 編集]
v-254 hotter さま

あれから、無我夢中で過ごしてきた5年です。
私の地区にも行方不明の方が1人、気になって・・・

復興は、学校・保育施設・店舗・道路整備等はまだです。
5年目になって、本当に元自宅が流失したことを自覚
できるようになりました。

> 発生時の事は一生忘れませんが・・・
忘れられません !!

> 過ぎたことより未来を見つめて進んで行ってくださいね。
いつも、励みの言葉 うれしく思っております。
【2016/03/11 21:15】 URL | みちのこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitinoko.blog86.fc2.com/tb.php/3814-74f855b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
徒然なるままに。


               

プロフィール

みちのこ

Author:みちのこ
FC2ブログへようこそ!

**ランキング**

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

良かったらクリックしてね♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
**リンクフリーです。お気軽に**