最近、読んだ感動の本



          宮尾登美子著  『 蔵 』 クリック



雪国新潟、旧家にして蔵元の田之内家に娘・烈は生まれた。

父意造、母賀穂、叔母佐穂らに見守られ健やかに成長した烈には

失明という苛酷な運命が待っていた。

烈と家族それぞれの、苦悩と愛憎の軌跡を刻む。



「あの蔵を全部、烈に下(くんな)せ」―打ち続く不幸に酒造りへの

意欲も失った父意造に、烈は見えぬ目に必死の願いをこめて訴えた。

女ながら蔵元を継いだ烈は、さらに蔵人・涼太への愛をまっしぐらに貫き

喜びの終末を迎える。


みちのこは、過去に 宮尾登美子著の作品を何冊か読んでます。

その中でも 「一絃の琴 」 に感動 して、私も琴を 習い、亡父に

琴を買ってもらいました。でも、その琴は 東日本大震災・大津波で

流失してしまいました。


  一絃琴の音色に涙ぐむほどの感動を覚えた幼い日から

人生の全てを琴に託した女の姿を、土佐を舞台に移りゆく

歳月のなかに描いた、直木賞受賞作。









       ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚    ゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆    
       いつも、ご訪問 ・ 拍手 ・ コメント ・ 応援ポチ ありがとうございます。
      後日になりますが・・ あしあとを たどり お訪ねして 拍手 ・ ランキング応援

スポンサーサイト
【2016/03/12 21:27】 | 読 書 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<花植え ボランティア ♪ | ホーム | 東日本大震災から5年・・・ 「希望」の灯籠 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitinoko.blog86.fc2.com/tb.php/3816-e886cf6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
徒然なるままに。


               

プロフィール

みちのこ

Author:みちのこ
FC2ブログへようこそ!

**ランキング**

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

良かったらクリックしてね♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
**リンクフリーです。お気軽に**