風の名前で表情や情景まで浮かんできます☆




    秋 に 吹く風の名前で、表情や情景まで 浮かんで きますね



  野分(のわき)

   二百十日、二百二十日のころ、野の草を分けながら吹きすさぶ強風 (台風 )
   昔は台風のことを野分といったそうです。



  雁渡し(かりわたし)

    雁が渡ってくる 9月から10月 に 吹く 北風のこと。



  いなさ 
   
    南よりの暴風。大雨を伴い、風水害や海難を起こすおそろしい風。



  金風(きんぷう)

    稲穂を 揺らす 秋風は まさに 「 金風 」
    秋風のこと。黄金色の稲穂を 揺らすことに 由来します。






      あしひきの、山辺 (やまへ) に居 (を) りて 秋風の

                   日に異 (け) に吹けば、妹 (いも) をしぞ思ふ


                                  ( 万葉集 ・ 大伴家持 )


<訳> 山辺にいて、秋風が日が経つにつれて一段と吹いてくると、あなたのことを想います。






スポンサーサイト
【2016/10/07 10:07】 | 徒然俳句・川柳・和歌 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大地の恵み 「 秋茄子 」 | ホーム | 名画の観かたが・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitinoko.blog86.fc2.com/tb.php/4031-e9e9194a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
徒然なるままに。


               

プロフィール

みちのこ

Author:みちのこ
FC2ブログへようこそ!

**ランキング**

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

良かったらクリックしてね♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
**リンクフリーです。お気軽に**