すべてが自分に “ 丁度いい ”




 お前は お前でちょうどよい。

顔も体も名前も姓も、お前は

それは丁度よい。


貧も富も親も子も息子の 嫁もその孫も、

それはお前に丁度よい。


幸も不幸も喜びも、 悲しみさえも丁度よい。


歩いたお前の人生は悪くも なければ良くもない、

お前にとって丁度よい。


地獄へいこうと極楽へいこうと

いったところが丁度よい。


うぬぼれる要もなく卑下する

要もなく上もなければ下もない

死ぬ日月さえも丁度よい。


お前はそれは丁度よい。

             ・・・良寛 「 丁度よい 」 ・・・


「丁度よい」は、
石川県野々市町の真宗大谷派常讃寺坊守、藤場美津路(みつじ)さんが、
月に一度発行する寺報「法友」の82年2月号に掲載されたものでした。
最初の題は「仏様のことば(丁度よい)」。

「仏様の声が頭の中に聞こえてきたので、そのまま書き取りました」という
ことのようです。

信者ら70人ほどに配ったところ、書き写して友人に贈ったり、コピーして
配ったりが繰り返されて、全国に出回るようになった。

いつしか題は「丁度よい」だけになり、宗教的な色彩の強い最後の5行が省
かれ、作者も良寛に。

藤場さんは、「間違われた良寛様も苦笑なさっておられるのでは。
この詩は、 「自己否定の苦悩の中に聞こえた仏様の慈愛の言葉です。
安易な現状肯定ではありません」と話されたということです。



すべてが自分に “丁度いい”

とても安心できる言葉ですね。










           長文、お付き合い ありがとう ございます 
スポンサーサイト
【2017/06/04 10:52】 | 徒然詩 ・ 絵手紙 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<かえるの日 「 けろ(6) けろ(6) 」 | ホーム | 心が・・ 「 カゼ 」 を ひいた !!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitinoko.blog86.fc2.com/tb.php/4300-7e40dcfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
徒然なるままに。


               

プロフィール

みちのこ

Author:みちのこ
FC2ブログへようこそ!

**ランキング**

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

良かったらクリックしてね♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
**リンクフリーです。お気軽に**